skip to Main Content

RECOVER心肺蘇生法:BLS&ALS(日本語版)

RECOVER心肺蘇生法:BLS&ALS

コース内容

CPR: Advanced Life Support

CPR(心肺蘇生):一次および二次救命処置コースは心肺停止に陥った動物が助かる可能性を最大限に高めるために必須のコンセプトを勉強するためのコースです。動物病院で心肺停止が起こった場合、レベルの高いCPRを行えるよく訓練されたチームがいるかどうかが患者の生死の分かれ目となります。

コースの内容は効果的な胸部圧迫と適切な換気方法、重要なモニター装置の使用法とその解釈、ECG(心電図)での心肺停止調律の診断方法、薬物療法、そして救命率を改善するためのその他の高度な治療処置からなります。

両コースを修了すれば、CPRアルゴリズムの全体を完全に理解できるようになります。心肺停止はいつでも起こりえます。このコースを習得することによってそのためのチームを形作ることができ、そしてCPR患者の転帰を最大限に改善することができるようになります。

著者であるダニエル J. フレッチャー先生(PhD, DVM, 米国獣医救命救急専門医、コーネル大学獣医救命救急学科准教授)により、このコースではRECOVER(the Reassessment Campaign on Veterinary Resuscitation;獣医蘇生再評価運動)Initiativeによって確立されたエビデンスに基づくBLS(一次救命処置)およびALS(二次救命処置)を習得することができます (http://recoverinitiative.org)。

このコースは獣医救急集中治療学会(VECCS)によって承認された唯一のBLSとALSのコースであり、また米国獣医救急集中治療学会(ACVECC)による公式認定を受けることができる唯一のコースでもあります。

Back To Top